探鳥地案内 八島ヶ原湿原

今回は探鳥地案内の第二弾、八島ヶ原湿原です。
段々暖かくなってきたこの時期、高原の清々しい風に吹かれて癒されてみませんか☆
では、早速ご案内致しましょう☆

スポンサーリンク

八島ヶ原湿原ってどんなとこ?

八島ヶ原湿原は、長野県の八ヶ岳中信高原国定公園の中心、霧ヶ峰の少し北西側にある高層湿原です。
高層湿原とは、泥炭層(泥状の炭の層)が厚く積もり、周りから流入する水が、もはや表層まで届かない状態のことを指すようで、この八島ヶ原湿原は
厚さが8mを超えていて世界的に見ても大変貴重な湿原で、国の特別天然記念物にも指定されています。
所在地は、長野県の諏訪市と下諏訪町にまたがり、標高は1632mです。

この下に8mも泥炭層が!!

 

 

 

 

 

 

霧ヶ峰・車山高原等ビーナスラインの名所のうちの一つで、ハイキング客・
観光客で賑わっていて、駐車場も整備されており、資料館(ビジターセンター)や土産物屋さんも有るので、比較的行きやすいのではないかと思われます。

関連:ここも指定されている国定公園。国立公園との違いは?

国立公園・国定公園・国営公園の違いって?

 

どうやって行くの?

八島ヶ原湿原は、有名な観光道路ビーナスライン沿いに有ります。
車やバイクでも行けますし、路線バスも少ないですが出ています。

参考までに

マイカーの方

中央道諏訪IC・諏訪南ICからビーナスライン方面へ
長野道岡谷ICよりビーナスライン(和田峠)方面へ(結構狭い道で分かりにくい)

公共交通機関の方

JR茅野駅・上諏訪駅から路線バス(アルピコ交通)が出ているようです。

注意:ビーナスラインは冬季通行止め区間が有ります。
平成30年は4月20日まで、和田峠〜八島高原駐車場まで閉鎖されているので、解除されるまでは、白樺湖方面から回り込む必要が有ります。

車山高原スカイパークホテル

白樺リゾート 池の平ホテル

 

スポンサーリンク

見どころは?

湿原の周りは木道や砂利道で整備されており、駐車場を起点に約90分から120分程度でぐるっと一回り出来る。
また近接する車山高原やその他のエリアに繋がる分岐が多数あり、時間や体調に合わせてコースを変えられるのも魅力の一つかもしれないですね☆

木道が整備されている区間も多い

 

 

 

 

 

 

 

湿原の周りの木道では、湿原側は視界が広く開けていて、草原・水辺を好む鳥が見られ、湿原と反対側には森林が広がり、林を好む鳥が見られるとても贅沢な場所だと思います。

 

森林と草原の境を行く!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

高原といえば、この鳥でしょうというカッコウの声が聞こえたり、開けた空に猛禽類が飛んでいたりと、とても気持ちのいい場所です。

鳥だけではなく、高原植物や野生のシカ・カモシカ・野うさぎなど、本当に自然豊かです。
また春の若葉の芽吹いた新緑の季節・夏は涼しく様々な花が咲き、秋は紅葉・草紅葉、冬は樹氷に雪景色と四季折々の風景が楽しめて、いい場所です。

秋は紅葉・草紅葉

 

 

 

 

 

 

関連:高原といえばこの鳥、カッコウはこちら★

野鳥図鑑 高原に朝を告げる鳥 カッコウ

 

こんなリュックが有ると便利かもしれないです☆

 

 

観察レポート

 

水辺にはカモ類

 

 

 

 

 

 

ウグイス

 

 

 

 

 

 

林にはモズ

 

 

 

 

 

 

おまけ

冬の星空 注:極寒です

 

 

 

 

 

 

ビーナスラインの北の端にある美ヶ原高原、とても綺麗な場所です。
夜は綺麗な星空が☆
時間が許せばぜひお立ち寄りください☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)