野鳥図鑑 ちょいワル好きにはたまらない!! シメ

秘密結社鷹の爪というアニメご存知ですか? 少し前にはテレビなんかでも出てた気がします。 主人公の吉田君の目つきになんとなく似ている、ちょい悪顔の鳥を紹介します。 シメという鳥です。

スポンサーリンク

まずは体の特徴からです。 大きさは約18cmでスズメより大きい鳥です。
ムクドリよりは小さくだいたいヒバリと同じくらいです。
体の色は頭頂部が茶色、首の後ろ側が灰色、背中は暗い褐色で、翼が黒っぽく、白と青灰色の模様が有ります。
アトリ科の特徴である、太く短いクチバシも特徴的です。
目の周りから嘴の付け根辺りまでが黒っぽいので、少し目つきが悪く見えるのでしょうか(笑)
全体的な色は、落ち着いた配色に、白・青の差し色があってとてもお洒落な鳥だと思います☆

嘴が特徴的★

 

 

 

 

 

 

関連:大きさを比べよう☆近い大きさの鳥はこちら★

野鳥図鑑 美しい春の空に ヒバリ 

野鳥図鑑 群れに注目!! ムクドリ

 

次に生態ですが、日本では北海道では繁殖も確認されていて留鳥、本州以南の地域では、越冬のために主に北海道から渡ってくるので漂鳥という扱いが一般的ですが、一部の鳥は海外より冬鳥として飛来します。

紅葉の時季からやってきます!

 

 

 

 

 

 

関連:渡りの区分についての解説はこちら★

野鳥豆知識 渡りの区分って何??

 

 

平地から低山地の落葉樹・雑木林を好んで、棲みつきます。
市街地の公園や、庭先にも遊びに来るので、目にする機会は多いかと思います。
木の実が好物で、持ち味の大きなくちばしで身を割って食べます☆

ちなみに、シメという名前は、シメまでしっかり食事をする鳥、という意味ではありません。
鳴き声が「シー」「シッ」と聞こえるため、鳥を意味する接尾語「メ」と組み合わさってシメになったというのが最有力説だそうです。

ちょっとぽっちゃりした体形、エサをバリバリ食べる姿、見た目はガッツリ食事系キャラなんですが。。。
失礼、見た目で判断してはいけませんね。

公園の木に群れてました★

 

 

 

 

 

 

冬の時期になると群れで暮らすことも有り、数羽から数十羽程度の群れを作る事が有るようです。 普段目にするのは、せいぜい10羽くらいの群れでしょうか。
秋・春の渡りの時期には数十から数百羽の大きな群れを作って移動するようです。

 

吉田 ジャスティス カツオ さん

 

さて、この鷹の爪団の吉田 ジャスティス カツオに似た雰囲気のちょいと癖のある顔のシメ、見れば見るほどなぜが可愛く見えてくる面白い鳥です。
意外と公園なんかにいる個体は近くで観察できるので、ぜひジックリ観察してみてください☆
シメの不思議な魅力の虜にされてしまうかもしれませんよ☆

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)