野鳥図鑑  サメのような灰色のヒタキ サメビタキ

ヒタキの仲間といえば、キビタキやノビタキの様に黄色や黒などハッキリとした色の鳥をパッと思い浮かびますが、灰色をした地味目な配色のヒタキもいます。
灰色を基調にしたヒタキの仲間は日本では3種見られますが、今回はそのうちのサメビタキを紹介します☆

スポンサーリンク

大きさは13~14cmでスズメと同じくらいの鳥です。
色は背中側が暗い灰褐色で、お腹は白い色をしています。胸のあたりに不明瞭な薄い褐色の縦縞模様が入っています。
この縞模様が三種を見分ける重要なポイントとなるので、しっかり観察、確認しましょう☆
この背中側の暗灰褐色がサメの肌の色に似ていることから、鮫鶲(サメビタキ)という名で呼ばれるようになりました☆

胸の斑紋がヒント

 

 

 

 

 

 

必死に囀る☆

 

 

 

 

 

 

関連:ヒタキの仲間達はこちらの記事で☆

野鳥図鑑 アイドルグループ ヒタキの黄色いメンバー キビタキ雄

野鳥図鑑 夏期限定 高原の黒いヒタキ ノビタキ

 

 

次に生態ですが、日本では北海道・本州中部以北のエリアに繁殖のために夏鳥として飛来します。
本州の南の方では渡りの途中に通過するだけの旅鳥として観察できます。
主に亜高山帯の針葉樹林帯を好み棲みつきますが、北海道等では気温が低いので、平野部の針葉樹林にも生息することがあるようです。
また、渡りの移動中には、市街地の公園などの林でもみられることも有ります。
基本的には昆虫などを捕えて食べますが、渡りの時期には木の果実を食べたりもします。

類似種のコサメビタキに比べると標高の高い所を好むので、なかなか会うことが出来ませんでしたが、尾瀬沼に行った時にはじめて会うことが出来ました。
コサメビタキよりは少し色が濃い印象で、非常に可愛らしい鳥です。

めちゃくちゃ可愛い☆

 

 

 

 

 

 

関連:こっちも可愛い!コサメビタキの記事はこちら☆

検索 野鳥図鑑 モノトーンのおしゃれな鳥 コサメビタキ

 

ヒタキの仲間はどれも綺麗で可愛いのですが、どうも私はこのサメビタキの仲間が好きで、出会えると幸せな気分になれます。
地味な色なんですが、目が大きく見えるというのも魅力の一つで可愛く見える要素で、ぬいぐるみのような可愛さが有ります☆

ちょっともふもふ。もしかしたらコサメかも?

 

 

 

 

 

 

可愛いいいいい☆

 

 

 

 

 

 

 

さて、こんなぬいぐるみの様に可愛いサメビタキですが、可愛いだけでなく飛行能力も非常に優れています。
前述したとおり主に昆虫を食べますが、飛んでいる虫を飛びながら捕えるフライングキャッチを得意技としています。
その場でホバリングをしたりすることも出来、さながら忍者のように変幻自在な飛び方が出来ます。
あまりにフライングキャッチが上手なので、サメビタキの仲間は英語名がFlycatcher(フライキャッチャー)と名付けられています。
ちなみにサメビタキの英名は、
Dark-sided flycatcher(ダークサイデッド フライキャッチャー)」です。
なんか、暗黒面へ堕ちたヤバいやつみたいな名前ですね。
たぶん濃いグレーのフライングキャッチが上手な鳥くらいの意味なんでしょうけど。

飛行能力は抜群!!

 

 

 

 

 

 

まぁ、狩られる側の昆虫からすれば、この圧倒的な機動力と強さは、暗黒面に堕ちたやばいヤツだと思っているかもしれません。

そんな一面も持ち合わせていますが、目がおっきくてぬいぐるみのような可愛い鳥です。
少し標高の高い所へ行く必要が有りますが、可愛い目、仕草、また暗黒面へ堕ちたんではないかと思わせるような圧倒的な飛行能力、ぜひ直に見てもらいたいお勧めの鳥です。
亜高山帯を好む鳥なので、尾瀬沼周辺・上高地などでは見られる可能性が有ります☆

TripAdvisor (トリップアドバイザー)


ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか☆

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)