野鳥豆知識 日本一親しまれている鳥はだれだ?? 野鳥人気ランキング!!

こんにちは、hijikiです。

突然ですが、日本で一番親しまれている鳥は何だと思いますか?
国鳥のキジでしょうか? それとも周りにいっぱいいるスズメでしょうか?
もちろん、どの鳥に親しみを感じるかは人それぞれですが、何か指標になるものはないかと考えてみました☆
以前、県の鳥についてまとめましたが、市町村の鳥を指定している自治体が有ります。

47都道府県ですら、重複している人気者の鳥がいるくらいだから、日本中の自治体を調べれば、日本で親しまれている鳥の傾向が分かるんじゃないかと思いましたので、早速調べてランキングを作ってみました。

関連:都道府県の鳥をまだ見てない!!って言う方はこちらで確認☆

野鳥豆知識 日本の国鳥はキジ では県の鳥は??

 

スポンサーリンク

はじめに

まずはじめに、全国の市町村の数ですが、H28年10月の時点で1718有ります。
その内、自治体の鳥を指定している自治体数は、612(私調べなので多少誤差があるかもしれません)でした。 自治体の木・花の指定はあるものの、鳥の指定が無い自治体が非常に多かったです。 また、漁業の盛んなところではの魚指定をしているところもありました。
今回は、この612票を以てしてランキングをしていきます。
人口の問題などで、一票の格差なんて話が取り沙汰されることも有りますが、難しいことは気にせず、今回は1つの指定につき1票という計測とします。
では早速ランキングの発表をしていきましょう。

25位~20位

25位 イソヒヨドリ 5票(関東1・中部1・近畿1・中国四国2)

22位 オナガ    6票(東北1・関東5)

22位入賞 オナガさん

 

 

 

 

 

 

    ヨシキリ   6票(関東4・中部1・近畿1)

    オシドリ   6票(関東3・中部1・中国四国1・九州沖縄1)

20位 セグロセキレイ 7票(東北1・関東2・近畿2・中国四国2)

20位入賞 セグロセキレイさん

 

 

 

 

 

 

    ユリカモメ   7票(関東2・中部3・近畿1・九州沖縄1)

関連:ここまででランクインした鳥を確認したい方はこちらへ☆

野鳥図鑑 ブルーなカラス オナガ

野鳥図鑑 白い眉が可愛い セグロセキレイ

19位~15位(全て同率15位)

15位 ヤマガラ    8票(北海道1・東北1・中部1・近畿1・中国四国2・九州沖縄1)

15位入賞 ヤマガラさん

 

 

 

 

 

 

    ヤマセミ    8票(北海道1・東北1・関東1・中部3・中国四国1・九州沖縄1)

    フクロウ    8票(北海道1・東北2・関東3・中部2)

    ツバメ     8票(東北3・関東2・中部2・九州沖縄1)

15位入賞 ツバメさん

 

 

 

 

 

 

    オオルリ    8票(関東2・中部1・近畿1・中国四国3・九州沖縄1)

関連:見事15位にランクインした鳥の詳細はこちら☆

野鳥図鑑 妹キャラ?? ヤマガラ

野鳥図鑑 つば九郎?? いえ、ツバメです☆

野鳥図鑑 幸せの青い鳥 別名瑠璃鳥 オオルリ

14位〜11位

14位 シジュウカラ  9票(北海道1・東北2・関東4・近畿1・九州沖縄1)

14位入賞 シジュウカラさん

 

 

 

 

 

 

12位 ホオジロ   10票(東北2・関東1・中部1・九州沖縄6)

12位入賞 ホオジロさん

 

 

 

 

 

 

    ハト     10票(北海道1・東北2・関東5・中部1・九州沖縄1)

11位 セキレイ   11票(東北3・関東6・九州沖縄2)

関連:見事入賞を果たした鳥さんの詳細はこちら☆

野鳥図鑑 黒いネクタイ シジュウカラ

野鳥図鑑 君はサムライなのか? ホオジロ

番外編1(超絶レア種)

その土地にしかいない固有種の生息している自治体では、身近な鳥よりも固有種が指定されていることが多いです。

例としては、離島にしか生息しないもの

アカコッコ・アカヒゲ・メグロ・ヤンバルクイナ・ヤクコマドリ(屋久島固有種)

や、陸地内でも生息域が限定的なもの

シラコバト(埼玉県越谷市)

があげられます。

 

10位~4位

10位 カッコウ 13票(北海道3・東北9・関東1)

10位入賞 カッコウさん

 

 

 

 

 

 

9位  シラサギ 15票(東北2・関東7・近畿2・中国四国1・九州沖縄3)

8位 ハクチョウ 18票(北海道5・東北7・関東3・中部2・中国四国1)

7位 ヤマドリ  24票東北14・関東5・中部1・中国四国2・九州沖縄2)

6位 カモメ   25票(北海道5・東北11・関東4・中部4・中国四国1)

5位 キジ    27票(東北12・関東7.中部2・近畿4・九州沖縄3)

4位 ヒバリ   34票(北海道1・東北1・関東22・中部5・中国四国1・九州沖縄4)

4位入賞 ヒバリさん

 

 

 

 

 

 

関連:見事トップ10入りを果たした鳥さんの詳細情報はこちらへ☆

野鳥図鑑 高原に朝を告げる鳥 カッコウ

野鳥図鑑 美しい春の空に ヒバリ 

番外編2(意外過ぎる!)

ちょっと変わり種を指定している自治体もあります。

まずは、鶏の仲間で指定されているもの

芝地鶏(中部)

チャーン(沖縄)

尾長鶏(中国四国)

でそれぞれ一票。

さらに驚きの指定は

インドクジャク(九州沖縄)

ペンギン(中国四国)

という物がありました!! 想像のはるか上を越えていく指定でした!!

なかなか面白い☆

 

ベスト3

3位 カワセミ 39票(東北1・関東15・中部8・近畿4・中国四国5・九州沖縄6)

第3位 カワセミさん

 

 

 

 

 

 

2位 メジロ  53票(東北1・関東13・中部1・近畿6・中国四国10・九州沖縄22)

第2位 メジロさん

 

 

 

 

 

 

1位 ウグイス 131票(北海道2・東北25・関東41・中部18・近畿18・中国四国11・九州沖縄16)

第1位 ウグイスさん

 

 

 

 

 

 

 

さいごに

どうでしょうか? 予想通りでしたか?
やはりウグイスは強いですね!! 指定している自治体の中で得票率21%・5つに1つはウグイスです☆
指定していない自治体を合わせても約7.5%、約13自治体に1つの割合で指定されています!!

その他上位にランクインしたそのほとんどが、留鳥として年中見られる種です。
やはり、いつでも身近に見られるというのがまず大きなポイントなのでしょう☆

関連:上位陣に共通する留鳥というワード、気になった方はこちらの記事へ

野鳥豆知識 渡りの区分って何??

それに加えて、得票数に地域による偏りがあるのも特徴です。
ヤマドリの東北・ヒバリの関東等はその傾向が顕著に表れています。
ヤマドリは狩猟対象になっていますので、古くからマタギの文化の有る東北地方での親しみが深いのかなと思ったりします。

関東平野では、農耕地が多く、休耕田や平らな空き地が多いため春になるとヒバリの声が非常に目立ちます。こういったことからヒバリの認知度が高いのかも知れません☆

調べてみると、大きな傾向から、固有種や地域の特色などの細かいことまで見えてくるので、非常に面白いと思います☆

集計結果です☆

 

 

 

 

 

 

県の鳥の次は、市町村の鳥、探してみてはいかがでしょうか??

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)