探鳥地案内 尾瀬シリーズ 初夏の尾瀬沼6月

こんにちは、hijikiです。今回は尾瀬シリーズの尾瀬沼6月編です。
日本一有名といってもいい湿原の尾瀬ですが、エリアや季節によって違いが大きいのでこのサイトでは尾瀬ヶ原エリアと尾瀬沼エリアの2つに分けてシリーズ化して紹介したいと思います。
今回は尾瀬沼の6月編です。(行った事が有るのがこの時期だけなので笑)

スポンサーリンク

基本情報

尾瀬ってどんなところ?

尾瀬は福島県・新潟県・群馬県の三県にまたがる高地にある盆地形状の高原です。
尾瀬ヶ原と呼ばれる高原・尾瀬沼・至仏山・燧ケ岳等が含まれる国立公園特別保護地域に指定されています。
ほぼ全域が特別天然記念物に指定されており、木道・歩道以外への立ち入りが厳しく制限されています。
周りを2000m級の山々に囲まれた盆地で、東側の尾瀬沼周辺が約1660m、西側の尾瀬ヶ原で約1400mの標高です。広さはおよそ8690haと言われています。
桁違いの広さですよね!!

関連:尾瀬ケ原が気になる方はこちらで紹介しています☆

探鳥地案内 尾瀬ヶ原6月編

 

尾瀬沼って?

ここからは尾瀬沼に関する情報を纏めます。 尾瀬沼は尾瀬地域の東側にある湖で、広さは約1.7㎢ 東京ドーム4つ分ほどでしょうか、かなり大きな湖です。
標高は1660mで、西側にある尾瀬ヶ原より260mほど高い位置にあります。
この標高での大きな湖は珍しく、日本で尾瀬沼より高い位置に尾瀬沼より広い湖はありません。
周囲約8kmの遊歩道は一部区間を除き木道が整備され、アップダウンも少なく歩きやすいエリアです。 一部区間は少し険しい部分も有りますが。
湖の周囲にはいくつか山小屋があり、宿泊も可能です。 キャンプサイトも有るのでテント泊をされる方もおられる場所です。
野鳥だけでなく、景色も素晴らしく、湖越しの燧ケ岳や、早朝の朝靄は一度見たら忘れられない風景です。

 

尾瀬沼にはどうやって行く?

尾瀬へは群馬側は鳩待峠から尾瀬ヶ原へ入るルート、大清水から尾瀬沼へ入るルート、福島県側からは、沼山峠から尾瀬沼へ入るルートの計3本が比較的楽に入れて有名です。
尾瀬沼へは、大清水ルート・沼山峠ルートが推奨ルートです。
特に沼山峠からは最短距離で尾瀬沼へ到達できることで人気があるようです。

今回は、参考までに関東側からアクセスしやすい大清水入口へのアクセスを載せておきます。

大清水入口

マイカーの方

関越道沼田ICを降り、国道120号線を尾瀬・金精峠方面へ

途中尾瀬方面への分岐が有るので、尾瀬方面へ走ると、尾瀬戸倉駐車場・尾瀬第一・第二駐車場が順に出てきます。 基本的にはここで車を止めて、大清水行の専用バスに乗るのが一般的だそう。 大清水へはマイカー規制は無く一般車も乗り入れ出来て駐車場もあるようですが、マイカーで乗り入れる方は少数派だそうです。

公共交通機関の方

JR上越新幹線 上毛高原駅、上越線沼田駅からそれぞれ大清水行きのバスがあります。

さて、大清水に着いたらいよいよ登山道です。
尾瀬沼まで行き(登り)2時間半~3時間です。実際に歩いたことは無いのですが、かなりの長丁場ですので、心して挑む必要がありそうです。
また行き返りの時間を考えると、泊りがけの工程を組むことも視野に入れた方がよさそうです。

ちなみに私は、鳩待峠から入って、尾瀬ヶ原を通って尾瀬沼へ入りました。 尾瀬沼で一泊してまた尾瀬ヶ原を通り鳩待峠へ帰るというコースをとりました。
どっちも行きたかったので☆

初夏の見どころは?

尾瀬ヶ原側から入るには、尾瀬ヶ原の東の端、見晴というポイントから、山を登るコースになります。
今回はここから紹介していきたいと思います。

見晴

尾瀬の東の端の休憩所で、山小屋・飲食店・休憩所があり、鳩待側から入った人の折り返し地点であり、尾瀬縦断の人には中間点になるので、人は比較的多いところです。
ここから尾瀬沼までは長い登りになるので、しっかり休息をとって息を落ち着かせましょう。

見晴~沼尻(登り135分・下り110分)

鳩待入りで尾瀬沼を目指す中で一番の難所がこの区間です。 途中かなり険しい登りが何度もあり、大きなカメラを持った状態だと結構つらいものがあります。 しかし、沢の近くを通ったりもするので、オオルリやコマドリといった森林を好む鳥たちの囀りが聞けるので、しんどいながらも癒される行程です。
尾瀬ヶ原とはうってかわって森林性の野鳥たちの宝庫ですので、声を聴くたびに立ち止まってしまってなかなか進まないのが、少し困ったところではありますが。

沢が近い☆

 

 

 

 

 

 

おみそがお出迎え☆

 

 

 

 

 

 

険しい山道を登りきると、少し下り道があり、下りきった先に、白砂田代と呼ばれる湿原が現れます。
ここまでくれば取り合えず一安心といったところでしょうか☆
湿原の淵には針葉樹が立ち並び、カッコウが囀るまさに高原という景色が広がります☆
ここを過ぎると沼尻という分岐に到着です☆

杉の木のテッペンは要チェック!!

 

 

 

 

 

 

関連:尾瀬の象徴的な鳥、カッコウの紹介記事はこちらへ☆

野鳥図鑑 高原に朝を告げる鳥 カッコウ

 

沼尻分岐

沼尻という分岐は十字になっています。今歩いてきた尾瀬ヶ原へ続く道、燧ケ岳への登山道、そして尾瀬沼の周回路の時計回りと反時計回りの道です。
トイレもあったはずですので一息ついて足を休めるのが得策です。

心が洗われる風景。

 

 

 

 

 

 

沼尻分岐~三平下(山小屋)80分

ここから反時計回りに進みました。
尾瀬沼の周回路の中で、この区間が一番歩きにくくそれなりに高低差も有ります。
湖の淵を歩くのですが、結構森が深い場所で、なかなか視界が開けません。 しかし鳥は多く、かなり近いところにやってきてくれたりするので、なんとか頑張りましょう☆
途中富士見峠への分岐があります。ここまでくればあと30分ほどで到着です。

尾瀬沼!!!

 

 

 

 

 

 

三平下

この三平下というところには、いくつか山小屋があり宿泊できます。 私も此処でお世話になりました。
アクセスで紹介した大清水から入ってくるルートを通ると、ここへ到着します。
宿の周りは少し開けていて、比較的明るい林が続いているので、山小屋を起点に心行くまで散策を楽しめます。
私が訪れたときはキセキレイや・キビタキ・コサメビタキが出迎えてくれました。
夜は、晴れていれば満天の星空が見えるはずです。
非日常を楽しみましょう。
朝は頑張って早起きすることをお勧めします。
湖には朝靄が掛かりこれもまた幻想的な雰囲気です。

朝靄。幻想的。

 

 

 

 

 

 

三平下~ビジターセンター(15分)

湖の周りを歩きます。
明るい湖畔林が続き、キビタキやムシクイの囀りが途切れることなく聞こえます。
しばらくすると、山小屋やビジターセンターが立ち並ぶ場所へ着きます。

木道を行く。

 

 

 

 

 

 

ビジターセンター周辺

こちらのエリアの方が多くの山小屋があり、一番メジャーな場所です。 多くの宿泊客がいて、特に子供連れも多い印象でした。
人は多いのですが、鳥も多く、小屋のすぐ横の木の天辺でカッコウが鳴いており、小学生くらいの男の子が大騒ぎしていたのを覚えています。
出発してすぐの場所ですが、少し休んではやる気持ちを抑えるにはいい場所ではないでしょうか☆

全体を通して基本的には木道を進みます。 人がすれ違えるほどの幅は有りますが、三脚を広げるのは難しいので、一脚をお勧めします☆

 

ビジターセンター~沼尻分岐(80分)

この区間には、途中大江湿原を経由して沼山峠に抜ける道への分岐・燧ケ岳登山道への分岐が有ります。

小川の透明度がヤバい。

 

 

 

 

 

 

湖の畔の木道を歩いたり、馬ノ背のような地形を少し上り下りして超えたりと、大きな起伏は無いものの、湿原と森林を交互に超えていく面白い区間です。

絶景。

 

 

 

 

 

 

少し距離はあるものの、余りの楽しさに行きもこちらの道を使えばよかったと、当時少し後悔しました。
湖近くの湿原には、高原で見られるシギの仲間オオジシギの特徴的な声が聞こえ、また、少し高い木をカッコウが行ったり来たり。
まさに鳥好きにとっての楽園。
森林では、メボソムシクイ・キビタキが囀り、サメビタキやキクイタダキがホバリングをして虫を捕える光景が見れます☆
一日中居ても飽きない場所ではないかと思います。

気持ちいい☆

 

 

 

 

 

 

しかし、私どもは先を急がないとまだ山を越えて尾瀬ヶ原を越えて、鳩待峠を登って帰らなければならない。
自分で組んだ行程ながら何とも残酷な(笑)

さいごに

さて、私たち一行は、かなり欲張りな行程を組んだのでこんなドタバタでしたが、尾瀬沼だけで1泊2日くらいの予定がバードウォッチングにはちょうど良いのではないかと思います。
さっと急ぎ足でもいろいろな種に出会えましたから、じっくり粘りながら観察すればもっといろんな種が、もっといろんな仕草や行動・表情が見れたのではないかと思います。
尾瀬沼に入るまでは少し大変ですが、入ってしまえば楽園そのものです。
ぜひ一度できれば泊りで行ってみてはいかがでしょうか?
うちは娘がもう少し大きくなれば、また挑戦してみようかと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)