野鳥図鑑 漁をする鷹 ミサゴ

今回の鳥は、猛禽類のミサゴです。
ミサゴと言われても余りピンとこない方も多いかと思われますが、別称として魚鷹(うおたか)という異名を持つそうです☆
余計聞いた事無いですか?では、英語名だとどうでしょう??

スポンサーリンク

ミサゴの英語名は、【Osprey(オスプレイ)】です。 聞いた事無いですか? ここ何年かニュースによく出てくるアメリカ軍の輸送機の愛称ですね。
自衛隊でも導入が検討されていてすでに自衛隊用の試験機体も出来たとかなんとか。
実はアメリカ軍の航空機は猛禽類の名前が愛称として使われている事が多いです。
F−16はファルコン(ハヤブサ) F-15はイーグル(ワシ) F-22はラプター(猛禽類)と結構使われています。
気になったので調べてみると、イギリスにもハリアー(チュウヒ)
ロシアもSu-47ベールクト(イヌワシ)等、他にも有るわ有るわ、結構昔からいろんな国で猛禽類の名前をつけているみたいです。
大空を素早くまた優雅に飛び回る様と重ね合わせたのでしょうか。
話が大きく逸れてしまいました。
逸れたついでに、もう一つ、オスプレイという有名なアウトドアバッグメーカーが有りますが、結構使いやすいです☆
Osprey(オスプレイ)のKestrel(ケストレル)、ミサゴのチョウゲンボウという意味は分かんないですが、猛禽好きにはたまらないネーミングです(笑)

 

 

本題に戻しましょう。
まずは体の特徴から見ていきましょう★ 体長が54cm〜64cm、翼を広げると、150cm〜180cmにもなる大きな体です。
背中と翼の上は黒っぽく、その他は白色、黒く太い目のラインが特徴で、後頭部には冠羽が有ります。
もう見た目のかっこよさは抜群ですよね!!!

停まり姿もカッコいい!!

 

 

 

 

 

 

生態ですが、日本では全国で留鳥として見られる種ですが、絶滅危惧種の前の段階である準絶滅危惧種(NT)に指定されている種でもあります。
海岸に住む事が多いようですが、内陸部の湖や河川等の水辺にも棲んでいます。
主に魚類を食べます。
獲物を見つけると、ホバリングをして狙いをつけ、急降下して両足で魚を捕らえるそうです。
魚を主食とするのは鷹の仲間としては非常に珍しいようで、別称の魚鷹というのはこの漁をする鷹という所からそう呼ばれていたようです☆
残念ながら実際に狩りをする所を見た事が無いので写真ではお伝え出来ませんが。

優雅☆

 

 

 

 

 

 

写真は全て内陸の湖です☆

 

 

 

 

 

 

関連:絶滅危惧種についてはこちらの記事でまとめています☆

野鳥豆知識 絶滅危惧種ってなんだ??

スポンサーリンク

海に多いとの事ですが、大きな湖には結構な確率でいる様な気がします。
渡良瀬遊水池や、霞ヶ浦の内陸側、あとは神奈川県の宮ヶ瀬ダムなんかで観察出来ました。
行った事は無いのですが、群馬県の多々良沼という所ではよく狩りの姿が見られるようです。

かなりの迫力!!

 

 

 

 

 

 

関連:よく見ることが出来る場所はここだ!!

探鳥地案内 神奈川県 早戸川林道 春編

探鳥地案内 渡良瀬遊水地(谷中湖)夏編

 

意外と内陸の海無し県でも見られるので、十分チャンスは有ります☆ カッコいい姿をぜひ探してみて下さい、優雅に飛翔する姿に惚れてしまう事請け合いです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)