野鳥図鑑 野鳥界の貴婦人 オオルリ雌

こんにちは、hijikiです。
今回は幸せの青い鳥として紹介したオオルリの雌です。 雄のように青く鮮やかな色ではありませんが、さすがは野鳥界のアイドル的な鳥だけあって、美しい鳥です。 着飾らない感じがまさに貴婦人、高貴な感じがする鳥、オオルリの雌を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

まずは体の特徴です。 大きさは約16cm、雄と同じくらいで、スズメより少し大きい鳥です。 体の色は頭から尾までの体の上面が茶褐色で、お腹側が白、脇腹辺りは褐色です。 全く青みがないのが特徴ですね。

派手ではないが美しい☆

 

 

 

 

 

 

生態ですが、日本へは繁殖にために夏鳥として4月下旬頃にやってきます。夏の間に繁殖・子育てをして、10月頃まで見ることが出来ます。

九州から北海道まで幅広く渡来し、主に低山帯から亜高山帯に棲みます。 特に渓流沿いを好むのも特徴の一つです。

関連:渡り鳥に関して、亜高山等の高度分布に関してはこちらの記事で解説しています☆

野鳥豆知識 渡りの区分って何??

野鳥豆知識 森林限界ってなんぞや??

また渡りの最中には平地や都市部の公園、林などを通過するため、タイミングが合えば市街地でも見ることが出来る鳥です。 しかし、雄のように目立つ色をしていないので、実際には難しいかもしれませんね。

 

 

この様に夏にやってくる夏鳥の中には、オオルリの雌とそっくりなものがいます。
一般的にキビタキの雌と、コサメビタキが似ているといわれる鳥です。
違いは、大きさです。オオルリは他の2種に比べて少し大きいです。
次に、背中の色、オオルリは茶褐色、キビタキは、オリーブ色なので黄色みが強いです。コサメビタキは灰色です。
コサメビタキは嘴の根元が黄色いのも特徴です。
光の当たり方等で少しわかりづらい時も有りますが、じっくり観察すればわかってきます。

なかなか似たような色の鳥も多いオオルリの雌ですが、雄は間違ったりしないのでしょうか? ちょっと気になる所ではありますが、間違って他の種を追い回してるところは見たことがないので、見た目以外の声やフェロモン的なもので判断しているのでしょうか☆

君は何に惹かれるの?

 

 

 

 

 

 

関連:オオルリの雄に関してはこちらへ☆

野鳥図鑑 幸せの青い鳥 別名瑠璃鳥 オオルリ

春になって渡って来たばかりのころは、まだつがいが出来ておらず、雄からのアピールを受ける姿がちらほらとみられます。 雄が囀っているところを見つけたら、少し周りの様子を伺ってみてください。 もしかしたら雌が、声につられて近くに来ているかもしれません。

近くに居るかも☆

 

 

 

 

 

 

実際、神奈川県の宮ケ瀬湖にある早戸川林道では、雄が雌にアピールしながら一緒にあっちこっち飛び回り、最終的に、沢の奥の方へ一緒に飛んでいくという、カップル成立か!!?

という瞬間に立ち会った事が有ります。 なかなか微笑ましい応援したくなる姿でした。

関連:早戸川林道が気になった方はこちらの記事へ☆

探鳥地案内 神奈川県 早戸川林道 春編

色合いこそ派手さはありませんが、シルエット、仕草など、洗練された貴婦人のような美しい鳥です。 渡って来たばかりの春から初夏が絶好のチャンスです。 ぜひ、幸せの青い鳥と共に、その美しい姿・声に引き寄せられた貴婦人の姿も探してみてください☆

関連:渡り鳥の中では貫禄の上位入賞を果たしました☆

野鳥豆知識 日本一親しまれている鳥はだれだ??

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)