野鳥図鑑 ちゃんと狩るわ!! ノスリ

猛禽類と言えば、何が思いつきますか? 身近な感じでトビでしょうか?
格好良さでいくとオオタカ? 新幹線の名前にもなっているハヤブサが多いですかね☆
実は、トビと同じくらい身近だと思うのですがなかなか知名度の低い猛禽類がいます。 今回紹介するのはそんなノスリという鳥です☆

スポンサーリンク

まずは体の特徴ですが、大きさは50cm〜60cmで、トビより若干小さいくらいです。 体の色は背中側が褐色、お腹とのど元が淡い褐色をしています。
飛んでいる姿を下から見る事が多いと思いますが、お腹が茶色いとトビ、
白いとノスリの可能性が高いです。
お腹に黒い横筋が何本も見えたら、ソイツは大物です!!逃さずよく観察しましょう!トビでもノスリでもないタカの仲間です。 この2種以外の猛禽類は基本レアキャラですからね☆

カッコいい!!

 

 

 

 

 

 

関連:大物かはたまた、トビか?他の猛禽類も要チェック☆

野鳥図鑑 絶滅の危機から復活!! オオタカ

野鳥図鑑 大河ドラマ歴代最多出演 トビ

 

次に生態に関してですが、日本では北海道から四国辺りまでは留鳥として、南西諸島を除くその他の地域では冬鳥として観察出来ます。
平地から山地の森林を好み住み着いています。

動物食で昆虫から鳥類、小型のほ乳類まで幅広いものを狩る立派なハンターです。 畑の近くの電柱等をチェックすると、よく留っている事が有ります。
狩り場を観察しているのでしょうか☆

飛行能力も高くホバリングをして獲物を探す事も出来ます。
飛翔しながら同じ位置に留まり獲物を探したり、狙いをつけたりします!!

ホバリング中!!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにトビはホバリングはしませんので、見分けるヒントとなる行動です☆

優雅に飛び回る♪

 

 

 

 

 

 

平地から山地帯に多い鳥なのですが、霧ケ峰高原を走るヴィーナスラインという道沿いのススキ林等でもよく見かける鳥ですので、意外と標高の高い高原にも多いのかもしれませんね☆ 段々棲む範囲を広げているのかもしれません!!

お腹が白いのがノスリ

 

 

 

 

 

 

トゥッ!!!!

 

 

 

 

 

 

関連:霧ヶ峰エリアへ行くならここもチェック☆

探鳥地案内 八島ヶ原湿原

 

しっかり狩りもするし、それなりに大きいので迫力のある怖い鳥に違いないのですが、よく見ると目が可愛い☆
くりくりの大きな瞳、猛禽類というのを忘れてしまいそうなくらい可愛く見える時があります。
江戸時代には、鷹狩りに使えない、獲物を捕ってこないという事で、糞鴟(クソトビ)という俗称で呼ばれた過去を持ちますが、実際は、先述した通りちゃんと狩りをする鳥です、糞鳶呼ばわりは失礼しちゃいますよね★
まぁ他の鷹と比べられると成果は良くないのかも載れませんが。

意外と目が可愛い♪

 

 

 

 

 

 

という事で、年中見られて意外と可愛い顔のノスリさん。
ぜひ見つけてみて下さい、ホバリングする姿とお腹の白いのがポイントです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)