野鳥図鑑 うぐいす色とは言うけれど メジロ

5月10日に更新しました。

こんにちは、hijikiです。今回の野鳥はメジロです!

緑色の可愛い鳥です。花や果実によく集まるのでかなり観察しやすい部類の鳥だと思います。
では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

まずは体の特徴ですが、大きさは12cmとスズメよりも小さいです。
日本にいる鳥の中でも最小クラスの鳥です。
色は背中側が暗い黄緑色で、お腹側が白っぽい色をしています。 目の回りに白いアイリングが有り、これが和名の由来となっています。 ちなみにメジロ色のグッズも販売されています☆ 要チェックです!!

次に生態ですが、日本ではほぼ全域で留鳥として見られます。 低地から山地にかけて広く分布し、ごく普通に見られる鳥です。

花の蜜を好むので、季節によって色々な花と一緒に楽しめる鳥で、古くから親しまれていました。
特に春先からは椿や梅・桜などと一緒に観察出来て、春っぽい鳥というイメージを持ちます。

実りの秋には柿の実などの果実に集まる姿も観察出来ます。

近所の公園にて

 

 

 

 

 

 

かなり有名な野鳥なので、名前を聞いた事がある方は多いのではないでしょうか?
実物は、小さな緑の非常に可愛い鳥です。
特に名前の通り目の周りの白いリングが特徴で、より可愛らしい印象を与えています♪
また、日本の野鳥の中では、3か4番目に小さい鳥でもあり、その小ささも可愛さの要素の一つかもしれませんね☆

他の小さな鳥は

野鳥図鑑 鳥の王様?! ミソサザイ

野鳥図鑑 黒いヨダレ掛け?? ヒガラ

という記事で紹介していますのでチェックしてみて下さい。

目の周りのリングがかわいい

 

 

 

 

 

 

ロウバイとメジロ

 

 

 

 

 

 

春を告げる野鳥の代表としてよくウグイスとメジロが挙げられます。
梅の花に集まるメジロと、梅の花が咲く頃から囀り始めるウグイス。
メジロは群れて行動する事が多く、また、あまり警戒心が強くないのか比較的簡単に見る事ができます。 逆にウグイスは、単独で行動し、なかなか姿を見せてくれません。
よく通るウグイスの声とすぐに目に入るメジロ、これが原因で、メジロとウグイスを混同してしまっている人も居るようです。
これを機にメジロの姿を覚えてあげて下さいね☆

関連:ウグイスと見比べてみよう!!

野鳥図鑑 春といえばこの鳥 ウグイス

を要チェック!!

余談ですが、このメジロ君、よく仲間同士で群れて行動する際に、みっちみちに押し合ったりするみたいです。
その光景から、メジロが押し合う、メジロ押し、目白押しという言葉が生まれたそうです!!
と、いう事でちょこっと雑学でした☆

みんなで水浴び♪
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)