野鳥図鑑  夏の大型アイドル!! クロツグミ

夏になるとやってくる夏鳥は数多くいます。どれも派手な色、小っちゃくて可愛い姿で人気が有りますが、そんな夏鳥たちの中で少し路線の違う異色のアイドル鳥がいます。
姿も大きく、色も大人の雰囲気を持つ、クロツグミという鳥です☆

スポンサーリンク

まずは体の特徴です。 大きさは約22cmでツグミより少し小さいくらいの鳥です。
色は、雄はお腹の白い部分を覗き全身が黒で、胸の辺りは白地に黒い斑紋が有ります。
くちばしと目の周りのアイリングが黄色く、良く目立ちます。
雌は、雄に比べて全身が褐色味を帯びています。
雄の黒がとてもきれいな黒で、非常に大人っぽい雰囲気の色合いの鳥です☆

渋い体☆

 

 

 

 

 

 

続いて生態ですが、日本では、本州中部より北のエリアで夏鳥として観察できます。
西日本では一部越冬する個体も見られるようですが、多くは中国へ渡って越冬します。
主に、山地帯の森林を好んで棲みつきます。
渡りの時期には、平地や市街地の公園でも見られる事が有ります。
繁殖期の雄は、非常に大きな声で囀ります。
この囀りが独特かつ複雑で、色々な鳥の鳴き声の調子を真似して取り入れることも有ります。

関連:渡りの区分についてはこちらで再確認☆

野鳥豆知識 渡りの区分って何??

 

 

日本にいる野鳥の中で囀りが綺麗なものは、ウグイス・オオルリ・コマドリが日本三鳴鳥といって代表的な鳥として扱われますが、このクロツグミも優るとも劣らない素晴らしい声です。
神7、いや5本の指に入りますね!!

水浴び中☆

 

 

 

 

 

 

 

森林中に響くような良く通る声なので、居ればすぐに方向などは分かると思いますが、なかなか姿を見つけられません。
軽井沢の野鳥の森、磐梯高原、山中湖周辺・榛名山など、色々な場所で、ちらっとは見た事が有るのですが、なかなかバシッと写真に収められず、毎回悔しい思いをしています。

めっちゃ遠いしブレた!!

 

 

 

 

 

 

関連:クロツグミに会うにはここへ!!

探鳥地案内 長野県 春の軽井沢野鳥の森

探鳥地案内 夏の磐梯高原 裏磐梯 五色沼・桧原湖周辺の自然探勝路群

 

 

クロツグミの由来は、その名の通り、黒いツグミから来ています。
形や胸の模様もそっくりで、本当に色が違うだけです。
ツグミという鳥は冬鳥なので、基本的には同じ時期に観察することはできませんが、
もしかすると西日本では同時に見られる可能性が有るかもしれませんね。
ちなみに、ツグミは口をつぐんでいるくらい静かな鳥だというのが由来の一説にあります。

ただのツグミさん☆

 

 

 

 

 

 

クロツグミのきれいな囀りからはとても想像のできない名前ですね☆口をつぐんでいるタイミングが有るのか?というほど、良くさえづる鳥です。
実際のツグミも、日本で見られるのは越冬の時期、繁殖期ではないので、そこまで鳴かないのは確かですが、近づきすぎたりすると「ケケケケケッ!!」というような大きな声で鳴きます☆
まったく口を噤んでしまって全然鳴かない鳥では有りませんので誤解の無きよう☆

関連:冬に見られるツグミはこちらで確認☆

野鳥図鑑 ツグミ のサイズ感を覚えといて!!

 

 

さて、名前の由来(一説)とは裏腹に、三鳴鳥に引けを取らない美しい声で囀るクロツグミ、今私個人的に夏に会いたい鳥ランキングのかなり上位です。
今までハッキリじっくり見れていないことも有りますが、やはり他のヒタキの仲間たちに比べて、大きく迫力も有り、黒く美しい姿もたまりません☆
今期は何とかお目に掛かれないものかと日々思いは募るばかりです☆
皆様もぜひ、クロツグミの綺麗で迫力のある歌声と美しい姿を探してみてください☆

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)