野鳥図鑑 黒い帽子のオシャレさん☆ コガラ

今回紹介するのは頭のテッペンに黒いベレー帽を被ったような、可愛らしい見た目の鳥のコガラです。
黒いネクタイをしたシジュウカラ、黒い涎掛けをしたヒガラと共に黒いファッションアイテムを身に着けたお洒落な鳥です☆

スポンサーリンク

 

まずは体の特徴です。 大きさは12~13cm程でスズメよりも小さい鳥です。
体の色は、背中側・尾羽がグレー、お腹側は白っぽい色をしています。頭の天辺部分と、喉元の辺りが黒く、まるで黒いベレー帽を被ったような見た目をした鳥です。
地域によっては鍋を被っているようみ見えるということで、鍋かむりと呼ばれたりもするようです。
言われてみればそう見えなくもないような・・・

帽子みたいでカッコいい☆

 

 

 

 

 

 

下から見ても可愛い☆

 

 

 

 

 

 

関連:黒いアイテム好きの仲間はこちらの鳥たち☆

野鳥図鑑 黒いヨダレ掛け?? ヒガラ

野鳥図鑑 黒いネクタイ シジュウカラ

 

 

 

次に生態ですが、九州から北海道まで留鳥として日本中に生息はしていますが、低山から亜高山帯の比較的標高の高い森林を好んで暮らしているので、市街地ではほとんど見かける事が有りません。

ただ、低山から生息域なので、関東近辺だと、富士山、奥日光や軽井沢ではよく見かけます。
少し足を伸ばして上高地なんかだと、この子ばっかりですね☆
市街地のシジュウカラくらいの感覚でコガラちゃんがいます♪

関連:コガラによく会えるのはここ☆

探鳥地案内 上高地(5月編)

探鳥地案内 長野県 春の軽井沢野鳥の森

 

スポンサーリンク

 

いっぱい居るよ♪

 

 

 

 

 

 

嘴もちっちゃい★

 

 

 

 

 

 

さて、鳥の多くは木の枝やコケ・羽毛などを使って木の上や、岩場などに巣を作ることが多いのですが、このコガラは少し変わった巣を作ります。
とてもちいちゃな体の鳥ですが、巣作りに関しては、なかなかの力技を
持っていまして、何と枯れ木に穴を掘って巣にします。

何処だか分かりますか??

 

 

 

 

 

 

 

フクロウやゴジュウカラの様に元々穴があいている洞を使ったり、キツツキの仲間が穴を掘って作った巣穴を再利用する鳥は多いのですが、何もない枝に新築出来るのは、キツツキ類を除いては非常に珍しいようです。

いないいなーい!!

 

 

 

 

 

 

ばぁ♪

 

 

 

 

 

 

関連:中古物件をうまくリノベして使う鳥たちはこちら★

野鳥図鑑 森の忍者 ゴジュウカラ

野鳥図鑑 日本にも棲んでいる 森の賢者 フクロウ

 

こんな小さな体でよく穴を掘っていけるもんですね。
感心します。

とても小さくて愛嬌のある小鳥です。
色の感じが少しペンギンの赤ちゃんに似ているのも可愛く見えるポイントでしょうか☆

 

これから暑くなって避暑地へ出かける機会もあるかと思いますので、
ぜひ、その時は小ちゃな匠のコガラちゃんに会って下さい☆

「山でまってるよー♪」

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)