野鳥図鑑 アイドルグループ ヒタキの黄色いメンバー キビタキ雄

こんにちは、hijikiです。

今回は野鳥界のアイドル的な鳥たちが属するヒタキ科のメンバー、黄色い体に黄色い眉、可愛くもカッコよくもあるキビタキ、色々なアイテムのデザインにも使われています☆ まずは派手な姿の雄から詳しくみていきましょう。

 

まずは、体の特徴からです。 大きさは13~14cmほどで、スズメと同じか若干小さいくらいです。 色は頭から尾、翼は黒く、胸からお腹・脇腹までが黄色です。 また目の上に黄色い眉毛のような羽毛、眉斑というものが入るのも特徴です。 この黄色い色から、黄色いヒタキでキビタキというのが和名の由来です。
まだ、年齢の若い雄は所々にグレーっぽい産毛のようなものが残っている事が有るので、観察するときによく見てみてください☆

少し若い個体?

 

 

 

 

 

 

次に生態です。 日本へは夏鳥として繁殖のためにやってきます。 おおよそ4月下旬頃からぽつぽつと姿を現し始めて、秋頃に東南アジア方面へ帰ってゆきます。 遅いものは10月頃までいるでしょうか。 日本全国の平野部から山地帯の明るい森林を好んで棲みつき繁殖をします。 渡りの移動中には都市部の公園でも見られるところもあるようです☆

桜の季節にやってきます。

 

 

 

 

 

 

関連:夏鳥等の渡りの区分と、山地等の高度については以下の記事で解説しています。

野鳥豆知識 渡りの区分って何??

野鳥豆知識 森林限界ってなんぞや?

また、囀りがとてもきれいで高くよく通る声をしています。 しかも器用な鳥で、様々な鳥の物まねをするので、一瞬???てなることも有るかもしれません。 ツクツクボウシや、コジュケイの真似をするのを聞いた事が有ります。 ただ、やけに高くてきれいな鳴き声なのでなんとなくわかります。 たまにある、本人よりうまいんじゃないか??ってパターンです(笑)

スポンサーリンク

一見派手な黄色をしているので、すぐ見つけられそうですが、この色が結構厄介で、木々の葉っぱの中へ紛れられると、なかなか見つけられません。 特に見上げる角度だと、いい具合に葉っぱの緑と混じっちゃってもう!!
って感じでぜんっぜん、分からない!!!

なんか食ってる!!!

 

 

 

 

 

 

そんな時は、いったん心を落ち着けましょう。 この子の綺麗な声にいったん癒されてください。 癒されてるだけでは見つけられないので、声をよーく聴いて、声のする方向、高さの見当をつけておいてください☆ そして、飛び出す影を見逃さないように集中してください!! 止まっていると分からないのですが、動くと分かります。 動いた影を見失わないように追いかけると、運が良ければ見やすいところへ移ってくれます☆

 

キビタキのように、声は通るけど姿が見つけにくい鳥は、声を頼りに場所を絞って、動くのを待つのが見付けやすい方法ですので、試してみて下さい。

もっと簡単に見つけたいって方に、一番のおすすめは、渡って来たばかりの早い時期です。

水場で一息。

 

 

 

 

 

 

まだ木々の葉っぱも芽吹いたばかりのころは、葉っぱの密度も濃くないので、比較的見つけやすいです。葉っぱが少なければ、黄色は目立ちますしね☆

葉っぱがなければ☆

 

 

 

 

 

 

タイミングが合えば、近所の公園でも見られるチャンスの有る、野鳥界のアイドル的な種のキビタキにぜひ出会ってください。
この綺麗さ、可愛さに心奪われること請け合いです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)