野鳥図鑑 宝石の名を持つ鳥 カワセミ

宝石と言われて何を想像しますか?
ダイアモンド・ルビー・エメラルド・サファイア辺りが有名どころでしょうか?
それとも最近はもっと変わったのもでてきているんでしょうか☆
数ある宝石の中に、翡翠(ヒスイ)という渋い名前のものが有ります。
実は翡翠と書いて、カワセミとも読みます。今日は宝石の名前を持つカワセミを紹介します☆

スポンサーリンク

 

まずは体の特徴からです。 大きさは約17~20cmです。その内3~4cmは嘴なので、純粋な体の大きさはスズメとさほど変わりません。
体の色は頭・頬・背中側が青い色、喉と耳の辺りが白く、お腹側は橙色、足は赤い色をしています。
見るからに綺麗な色の鳥ですね。
ちなみに雄の嘴は黒く、雌の嘴は赤いため、雄雌の見分けは比較的簡単にできる鳥です☆

野鳥界のアイドル☆

 

 

 

 

 

 

 

次に生態ですが、九州から本州では留鳥・北海道では夏鳥として観察できます。
海岸・河川・湖沼などの水辺に棲み、一部都市部にある公園などでも見られるようになりました。

 

遠くでも目立つ☆

 

 

 

 

 

 

かつては町中などでも普通にみられた種のようですが、高度経済成長期の環境汚染により都市部の河川などが汚れたため、一時期は山地などの清流にしか見られない貴重な鳥となってしましました。

お腹のオレンジも綺麗☆

 

 

 

 

 

 

ただ、最近はまた数が増え、市街地や都市部の河川・公園等でも
見られるようになり、比較的身近な鳥になりつつあるんでは無いでしょうか?

公園の手すりを占拠♪

 

 

 

 

 

 

関連:綺麗な色と清流のイメージでキャラクターとしても大人気!!

野鳥豆知識 日本一親しまれている鳥はだれだ?? 野鳥人気ランキング!!

 

宝石の名前が付くほどの美しい色をしていますが、この青い色は羽が青い色素を持っているから青いのではありません。羽の微細な構造による光の反射によって青く見えているだけです。
シャボン玉とかCD等のディスク面が光の加減によっていろいろな色に見えるのと同じ原理です。
このような色を構造色と呼びます。
カワセミの体がやたらとキラキラした青なのはこのためです☆
ちなみに先ほどから出てる来るヒスイとは、実はうすい緑っぽい色をした宝石です。
カワセミの体は光の加減や見る角度によっては緑色に見える事が有り、
翡翠と同じ名前を付けられたということです。

 

カワセミの分類は、ブッポウソウ目カワセミ科に属しているのですが、
このブッポウソウ目というのが中々レアなメンツがそろっています!!
コンプリートするには、ハードルが高い!!
いつか紹介出来る日が来ればいいのですが。

まだ本物を見た事が無いので、参考までに。

500円クーポン発行中!新 野鳥図鑑 Blu-ray BOX 全4枚セット

何か捕まえた!!!

 

 

 

 

 

 

ちなみに、小さい括りのカワセミ科の仲間、日本で見られるのは
3種類です。
カワセミ【翡翠】・ヤマセミ【山翡翠】・アカショウビン【赤翡翠】
この三種は、野鳥界のアイドルとして君臨しています★
漢字を見るだけで、ボス感が!!すごい。
ぜひ名前を覚えていて下さい!!
図鑑で見ただけだと、本当に日本に居るの??
と、疑いたくなるような見た目です。

まずは、身近なカワセミ君、意外と近くの水辺にいるかもです。
ツィーツィリリリーーーという、高い声が聞こえたらチャンスです。
めちゃめちゃ速いので注意して下さい!!

可愛い★ 違った、本物はこっち!!

うーん、やっぱ綺麗で可愛い☆

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)