探鳥地案内 長野県 春の軽井沢野鳥の森

こんにちは、hijikiです。

浅間山の麓、国内有数の避暑地として有名な軽井沢。 観光地としても発展をしており、自然と共生するエリアとして近年また魅力と注目度が上がってきています。
そんな軽井沢に、とてもいい感じの野鳥の森があります。
それが軽井沢野鳥の森です。

スポンサーリンク

基本情報

どんなところ??

軽井沢の星野エリアと呼ばれるエリアの一角にあります。 この星野エリアは、ハルニレテラスや星野リゾートの温泉があり、比較的最近注目を浴びてきたエリアです。

このエリアにはピッキオという自然環境教育やエコツアー等を行うツアーオペレーターが常駐するビジターセンターがあり、この森をメインにいろいろなツアー・観察会が企画されいて家族連れでにぎわっています。 別名ピッキオの森としても親しまれるまでになっています。

標高950mから1100mにある高原の森林で、広さは約100ha 東京ドーム約21個分の広さです。 針葉樹と広葉樹が織り交ざった森で、多種多様な生物の宝庫です。
この広大な敷地の中に約3kmほどの遊歩道が整備されていますが、網羅しているのは森林の約半分程の範囲です。
小川が流れていたり、小さな池が有ったり、変化に富んだコースで、いろいろなシチュエーションで野鳥と出会えるので、非常に楽しいところです。

アクセスは?

公共交通機関の方

JR及びしなの鉄道の軽井沢駅よりタクシーで15分

しなの鉄道の中軽井沢駅より徒歩17分

どちらの駅からも、星野リゾートの利用客専用のバスが出ているようです。

マイカーの方

上信越道 小諸ICより浅間サンライン経由で約25分

上信越道 碓氷・軽井沢ICより約20分

星野エリアという最近人気のエリアです。
野鳥の森の専用駐車場は無いので、星野エリアの駐車場に止める必要があります。 ハルニレテラスの近くか、村民食堂という建物の脇に駐車場があります。

スポンサーリンク

春の見どころ(5月頃)

早速春真っ盛りの5月上旬ころの見どころを見ていきましょう。
敷地内にはいくつかの休憩所が設けてあり、散策順路の目安となっています。
ここでも分岐や休憩所等で区切られた区間ごとに特徴や見どころをまとめたいと思います。

ミラーレンズの威力!!

 

 

 

 

 

 

野鳥の森入口~ミソサザイの沢入口

ちょうど野鳥の森の外周を歩く形になります。 森と反対側には湯川という川が流れており、せせらぎの音が心地よい区間です。 道幅も広く歩きやすい道です。
森側の木はかなり背が高く、観察は難しい区間です。
この区間は、川側の林を中心に見ていきましょう☆
ちょうど目線くらいに鳥が来ることも有りますし、河原近くにいる鳥ですと、見下ろす角度になるので、少し新鮮な見え方をします。
高原の渓流沿いなので、オオルリなんかが見れることも有ります。 ムシクイが囀る声も聴けるでしょう。

僕を見ろ!!

 

 

 

 

 

 

関連:写真の茶色い鳥はミソサザイ、詳細はこちらへ☆

野鳥図鑑 鳥の王様?! ミソサザイ

ミソサザイの沢入口~ミソサザイ休憩所

この区間は、ミソサザイの沢と名付けられた、細い沢沿いを登っていく道です。 緩やかに上るので、そこまでつらくはないですが、基本足元は土なので、雨の後などは滑りやすい場所もあるかもしれませんので注意が必要です。

ここから本格的に野鳥の森の中へ入ることになります。 キビタキやオオルリのきれいな声が聞こえます。 沢沿いということで、流れの緩やかになっているところ、浅く水の流れがないところでは、水浴びをしている姿が見られるかもしれません。 ここぞというポイントではしばらく待ってみるのも面白いかもしれませんね☆

水浴び中☆

 

 

 

 

 

 

関連:キビタキ・オオルリに付いてはこちらの記事へ☆

野鳥図鑑 幸せの青い鳥 別名瑠璃鳥 オオルリ

野鳥図鑑 アイドルグループ ヒタキの黄色いメンバー キビタキ雄

ミソサザイ休憩所~アカゲラ休憩所

この区間は結構な登り区間です。 ここさえ登ってしまえば、後は降るだけなので、頑張りましょう。 登りきると今までと違って日がよく当たり明るくなります。
また、沢にいた時よりは、木が低く近く感じるかもしれません。
沢にいた時よりは、鳥が少ないような気もしましたが、おそらくタイミングの問題もあると思うので、油断せずに進みましょう。 運が良ければクロツグミの声が聞こえる事が有ります☆
少し遠くてぶれてしまっていますが。

相当焦ってしまった。

 

 

 

 

 

 

アカゲラ休憩所~どんぐり池

アカゲラ休憩所から少し進むと、野鳥の森入口に戻る道と、森の真ん中をショートカットする道の分岐になります。 ショートカット方面の道に行った事がないので、野鳥の森入口方面への道の案内です。

野鳥の森方面へ少し進むと下り道になります。 下りきると、どんぐり池と名付けられた小さな池と少し開けた広場があります。 この池、ではなくて、横にある小さな水たまりで水浴びをする鳥がいるので、少し休憩がてら待ってみるといいかもしれません。
開けた明るい場所になるので、キビタキ等の鳥も見やすく光が当たって綺麗です。

待ち伏せ作戦☆

 

 

 

 

 

 

関連:写真に写っている鳥はカワラヒワです。詳細はこちらへ☆

野鳥図鑑 黄色が鮮やか☆ カワラヒワ

どんぐり池~野鳥の森入口

この区間も細い沢沿いの道です。 緩やかな下りですが、足元は十分注意しましょう。
森側は少し木が高くなってしまうので観察しにくいですが、沢沿いはじっくりこまめにチェックした方がいい区間です。
ヤブサメという小さな鳥や、コルリという青い綺麗な鳥に出会えるかもしれません☆

ただ、沢は少し暗くなってしまうので、本当にじっくり丁寧に観察しましょう☆

ヤブサメ 暗い!小さい!素早い!

 

 

 

 

 

 

ピッキオとケラ池

私が行ったときはまだ工事中でしたが、もうオープンしているようです。
行った事がないので詳しいことはよくわかりません。
申し訳ありません。

ピッキオの受付等が移転した感じでしょうか?カフェもあるようなことが書いてありますので、散策後に一息つくのにはいいかもですね☆

さいごに

一周歩いてもそこまで時間がかからない手ごろな広さですが、見どころはぎっしり詰まっていて、非常にいい場所だと思います。
周りにもハルニレテラスというショップ街や、日帰り温泉、軽井沢高原教会という綺麗な建物等、様々な見どころが詰まったエリアですので、家族や子供とも楽しめる場所ではないかと思います。
近くにはペンションもあり、宿泊もできますし、ぜひ家族でバードウォッチングデビューしてみてはいかがでしょうか??

軽井沢ホテルパイプのけむり「北投石の湯」

塩壺温泉ホテル

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)