野鳥図鑑 最も有名な海辺の鳥 カモメ


海辺の鳥といえば何が思い浮かびますか?
色々なキャラクターや、海の絵画などのアクセントとしてシルエットでもよく使われている有名な鳥がいます。
今回紹介するのはカモメです☆

まずは体の特徴ですが、大きさは約40~45cmで、ハトとカラスの間くらいの大きさです。
体の色は背中や翼が青灰色、頭やお腹側・尾は白です。嘴は黄色で短く、足も黄色いのが特徴です。
幼鳥は全身灰褐色で、斑紋が籠の目のように見えることからカゴメ→カモメとなったのが
和名の由来とされています☆
幼鳥の嘴は黒く、足は薄いピンク色をしています。

意外と可愛い☆

 

 

 

 

 

 

次に生態ですが、日本では主に冬に越冬のためにやってきます。
非常に似た鳥でウミネコという鳥がいますがこちらは留鳥で周年観察できます。
夏場に海辺でカモメっぽい鳥を見つけた場合は、ウミネコの可能性が非常に高いので注意が必要です!!
生息地では主に沿岸部や、河口部に生息しています。
また、同じ科の別種と混群を形成することも有ります。
特にユリカモメとは見た目もそっくりで一緒にいることが多いように感じます。

カモメとユリカモメ☆

 

 

 

 

 

 

関連:渡り鳥に関してはこちらの記事へ☆

野鳥豆知識 渡り鳥条約・協定

野鳥豆知識 渡りの区分って何??

 

 

カモメの仲間にもしかしたら共通するのかもしれませんが、鳴き声がちょっと猫っぽいんですね。「ミウミウ・メウメウ」的な声で鳴きます。
面白いのはカモメの英語名、mew gullと言います。Gullはカモメという意味ですが、その前についているmewがポイントです。
どんな意味かなと思ったら、mewメウ、メウメウって鳴き声を擬音化しただけの様です。
要は、メウって鳴くカモメの仲間ってことです。
うーん、分かりやすいというかテキトーというか(笑)

 

さて、そんな可愛い鳴き声で知名度も高いカモメなので、やはり人気は高いです。
以前このサイトで、集計をした親しみランキングでも6位入賞・実に25もの自治体に市町村の鳥として指定されていました。
これは類似のユリカモメの7を足さずに単独での数字ですので、立派だと思います☆

関連:野鳥の人気ランキングはこちらの記事へ☆

野鳥豆知識 日本一親しまれている鳥はだれだ?? 野鳥人気ランキング!!

 

これだけ知名度・親密度が高いと、やはりキャラクター化されたりもします☆
ご当地キャラのモチーフとなることも有れば、超有名なサンリオでもキャラ化されています☆
子供向け番組のおかあさんといっしょのガラピコのコーナーでも出てきますし、超人気アニメワンピースでも新聞配達キャラとして確固たる地位を気付いています(笑)

 

一度は何かしらカモメモチーフのものを見たことのあると思いますので、ぜひ一度実物に会ってみてはいかがでしょうか☆

 

港などでも見られますので、市場への買い物の際にも見られるかもしれませんし、ベイエリアをおしゃれに散歩中にも見られるかもしれません☆
色々な場所で出会える可能性のある鳥ですが、私は遊覧船などでの餌やりはぜひ一度やってみたいなーと思っています☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)