探鳥地案内 茨城県 茨城県植物園(県民の森)

県民の森と名の付く森は全国各地にあり、どこも魅力的な場所ですが、茨城県県民の森は一風変わった複合施設となっています。
森林の中を一日歩き回るのはちょっと・・・という方も、ここなら一日楽しめる事でしょう☆

スポンサーリンク

どこにある?

茨城県の県庁所在地のある水戸市の北側、那珂市に有り、那珂川という川に近い位置にあります。
周辺には田園風景が広がっています。
東京や埼玉の都民・県民の森は奥多摩・秩父といった山奥にありますが、茨城県県民の森は、平地の中にあるというのが特徴でしょうか☆

どんなところ?

県民の森というのは、茨城県植物園の中の一つのエリアの事を指しています。この茨城県植物園には、植物園の他に、温帯植物館という巨大な温室、カルチャーセンター、キノコ博士館、鳥獣センター、そして県民の森と、大きく6つの施設があります。
このうち植物園・温室に関しては有料となっているのでチケットを買う必要が有ります。
気になる県民の森の中には、沢沿いの道や、尾根の道、広場など様々なシチュエーションが揃っていて、非常に魅力的な森となっています。
少し丘陵地の様になってはいますが、高低差はそこまで大きくないので、ゆったり回ることが出来ます。
また、起伏がある事で、風景や木々の見え方に変化が生まれて、様々な角度から観察することが出来ます。

深い森が広がる☆

 

 

 

 

 

 

 

アクセス

公共交通機関

常磐線水戸駅より「大宮」方面バスで戸崎十文字バス停下車、徒歩20分

水郡線大宮駅より「水戸駅」方面バスで戸崎十文字バス停下車、徒歩20分

車の場合

常磐道那珂ICより大宮・大子方面へ10分

見どころ

県民の森

沢沿いや尾根伝いの道があり、所々に広場設けられています。
沢沿いの道は木々がだいぶ高い位置にあるので、上の方にいる鳥はなかなか見つけにくいかもしれませんが、沢に近い所では比較的目線の高さにもやってきてくれる可能性が有ります。
茂みの中にはキジやヤマドリといった大型の鳥が潜んでいることが多く、コジュケイの声も良く聞かれます。
また、尾根の道や広場ではカラ類やコゲラなどの留鳥の他、夏にはキビタキなどの渡り鳥も見られる事が有り、綺麗な囀りが響き渡ります。
年間を通しておよそ90種もの野鳥が観察できると公式で記載が有るので、特に渡りの時期は多くの種類の鳥が顔を見せてくれると思われます。

何がいるかな☆

 

 

 

 

 

 

関連:こんな鳥が見られるかも☆

野鳥図鑑 日本最小のキツツキ コゲラ

野鳥図鑑 アイドルグループ ヒタキの黄色いメンバー キビタキ雄

その他エリアの紹介

鳥獣センター

鳥獣センターでは、ケガをした鳥などが保護されています。
クジャクやハクチョウから、猛禽類まで幅広い種の鳥がいます。
特に猛禽舎には、チョウゲンボウやフクロウもいるので、普段なかなかじっくり観察する機会のない貴重な鳥と対面できる場所です。
また、エサを目当てにやってくるお決まりのスズメにも会えるかもしれません☆

保護されているチョウゲンさん☆

 

 

 

 

 

 

関連:フクロウも保護されています☆

野鳥図鑑 日本にも棲んでいる 森の賢者 フクロウ

 

カルチャーセンター

木造建築物で中はかなり広く、展示物も充実しています。
少し一休みするにはちょうど良い場所です。
また、工作体験や自然体験ツアーも開催されていて、特にお子さん連れには良いかもしれませんね☆

 

 

植物園

広大な敷地に様々な植物が植えられています。
非常に広々としてよく整備されている印象です。
季節によってボタンやバラなどの企画展示も行っており四季を通して楽しめる場所です。
また、セキレイやカラ類などの野鳥も見られます。
上空にオオタカやハイタカなどの猛禽類が現れることも有ります。特にカラスが変な動きをしたときは、猛禽類接近の合図ですので、上空のカラスの動きには注目です。

6月頃はバラ特集☆

 

 

 

 

 

 

関連:空を見上げると飛んでいるかも!!

野鳥図鑑 絶滅の危機から復活!! オオタカ

 

温帯植物館

数年前までは個別で入場料がいりましたが、今は植物園の入場料のみで中を見学できます。
非常に大きな温室で地上4階くらいの高さはあるでしょうか。
中にはバナナをはじめ、果実を実らせる植物や、熱帯性の植物などが約230種も植えられており見ごたえバツグンです。
また、熱帯魚の水槽も大きく立派で、癒されます。
キンキキッズがCDのジャケットに使ったようで入口でやたらとアピールしてました☆

きのこの博士館

道路を挟んでいますがここも同施設の建物です。
ちょっとカオスな雰囲気も有りながらいろいろな展示を楽しむことが出来る実はまじめな施設です。
定期的に企画展も開催しており、何度でも楽しむことが出来ます。

 

さいごに

さて、県民の森とは言いつつも、付属する施設の充実度が尋常ではなく優れている場所です。
野鳥観察はもちろん、保護されている猛禽類や、植物園の花など、見どころは数限りなくあります☆
家族連れでも楽しめる場所ですので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか☆

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)