野鳥図鑑 赤いほっぺの照れ屋さん ホオアカ

名前もそっくりですが、ホオジロと同じホオジロ科の仲間です。
夏の高原で見かけることが多いので、この子の姿を見ると、高原の風景が思い出されて、少し涼しく感じます。
プラシーボ効果というやつですかね??
皆さんもぜひこの子を見つけて、夏場に涼しくなれるネタをゲットしましょう☆

スポンサーリンク

まずは体の特徴です。 大きさは15~16cm、スズメより少し大きいくらいです。 尻尾がやや短めとなっています。
色ですが雄雌共通で背中側は茶色に黒い斑紋、お腹は薄い茶色で、雄の夏羽は胸が白く黒い筋が入ります。 頭が灰色、で頬が赤茶色です。
この頬の赤茶色が名前の由来となっています。
雄の冬羽と雌は頭が褐色になります。

少し遠いですが雄の夏羽です

 

 

 

 

 

 

次に生態です。 まず分布ですが北日本(本州中部以北)では夏鳥として日本へやってきて高原や草原・牧草地などの開けた場所で、繁殖をします。 秋冬には暖地へ移動し、本州西部・四国・九州では越冬するものも居て、留鳥として観察できるようです。
どちらかというと、西日本に多い鳥のようです。

草原や湿原・牧草地などの開けた場所を好み、樹木が一定以上生えると生息しないというこだわりを持っており、生息する環境条件が狭い鳥です。 ですので、平野部の開発等で草原等が減ってきている影響を受けやすい習性をもっているといえます。

もともとホオジロより日本に棲む個体数は少ないのですが、この住環境へのこだわりもあって、数が減っている鳥です。
地域によっては絶滅の恐れがあるレッドリスト入りをしているところもあります。

開けた草原や湿原が大好き

 

 

 

 

 

 

関連:絶滅危惧種についてはこちらでまとめています☆

野鳥豆知識 絶滅危惧種ってなんだ??

 

冒頭の高原を思い出す鳥、というのは、もう高原等の開発の手の行き届いていないところにしか住めないという背景があったわけですね。
なんとも難しい問題です。

冬場には、平野部に降りてくることも有りますが、藪や茂みに入ってしまってなかなか見つけられませんが、居ないわけではありません。
千葉県印旛沼付近の用水路の葦原では冬場にも観察することが出来ましたので。
ただ、冬はいくらか地味な格好になってしまうのが残念ですが。
やはり、元気な夏場に会いたい鳥ですね☆

スポンサーリンク

そこで、おすすめの観察地ですが、確実に出会えるのは、やはり高原・湿原に限られてきます。
長野県の八島ケ原湿原をはじめとするビーナスライン沿い、戦場ヶ原、尾瀬ヶ原では、夏場には間違いなく会えると思います。
道路際に出てくることも有るので、注意して観察しましょう☆

スズメじゃないよ☆

 

 

 

 

 

 

関連:元気な夏に合える場所はこちら★

探鳥地案内 尾瀬ヶ原6月編

探鳥地案内 奥日光 戦場ヶ原

探鳥地案内 八島ヶ原湿原

 

冬は藪や草の中に潜って過ごすようですが夏場は草原の中の目立つ草のうえなんかで囀っている姿も見られます。
ホオジロに負けず劣らずいい声を持っています☆

「呼んだ??」

 

 

 

 

 

 

ぜひ頬を赤らめながら歌う照れ屋な歌姫を見つけてみてください☆

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)