野鳥図鑑 森の忍者 ゴジュウカラ

今回紹介するのは、ゴジュウカラです☆
ん?シジュウカラでなくて?? とお思いの方もおられるかと思いますが、
決して言い間違いではありません。 ゴジュウカラです☆

スポンサーリンク

まずは体の特徴です。 大きさは13.5cm程度、スズメに近い大きさです。 体の色は背中側が青みがかった灰色で、お腹は白っぽく、一部脇腹や尾の付け根部分が赤みを帯びます。
黒く長い過眼線が入るのも特徴です。

次に生態に関してですが、日本では九州から北海道まで広く留鳥として分布しています。
一部標高の高いエリアで繁殖したものは冬の時期を暖かい平地等へ降りて過ごす漂鳥の動きをすることも有ります。
平地から低山地の森林に棲み、木の洞(うろ)や、キツツキの古巣を巣として再利用します。

関連:ゴジュウカラのお家を作ってくれるのは彼ら☆

野鳥図鑑 日本固有種 アオゲラ

野鳥図鑑 赤ちゃんでも見分けがつく?? アカゲラ

 

スポンサーリンク

またゴジュウカラの大きな特徴として、動き方があげられます。
まるで、忍者のように、森の中を縦横無尽に動見まわるのですが、
良く観察すると、異常とも思える行動をします。

木の幹に潜み

 

 

 

 

 

 

縦横無尽に駆け回る

 

 

 

 

 

 

その異常な行動はこの動きです。
木の幹に、垂直に留まり、頭部を下にして、幹を回りながら下に降りる習性をもっています。
木の幹に垂直に留まれるのは、キツツキ類やキバシリという鳥にも可能
なのですが、この頭を下にして、下に降りるという動きは、
ゴジュウカラにしかできません☆

色味も行動もすべてがニンジャのような鳥なのです☆

下向きだってへっちゃらさ

 

 

 

 

 

 

関連:形や棲む場所は似ているけれど下には進めない。

野鳥図鑑 ハリネズミみたいな鳥 キバシリ

 

ゴジュウカラ以外に頭を下向きにして進める鳥はいません。
ということは、木の幹を、下向きに進む何かを見つけたら、それがゴジュウカラだという可能性がとても高いわけです。
これは、バードウォッチングの際には重要なポイントですね☆

この穴は・・・

 

 

 

 

 

 

使えそうだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

基本的には、木の幹で生活をしますが、冬場等は、シジュウカラやその他の種
と混群を形成して移動する事が有るようです。
混群はレアキャラが混ざっていることも有るので、油断できません!!

新技開発中でしょうか??

 

 

 

 

 

 

これから暖かくなって、行楽シーズンを迎えます。
もし、ハイキングやキャンプに出掛ける事が有りましたら、
森に潜むニンジャ、ゴジュウカラを見つけてみてください☆
下に進む影がヒントです☆

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)