管理人日誌 ブルーインパルス 岐阜基地航空祭


前回は入間基地航空祭で、航空祭デビューした話を書きましたが、今回はそのあと行われた岐阜基地の航空祭です。

スポンサーリンク

完全にドはまりした私どもは、早速次の予定を調べ、行けそうなところへとにかく行かずにはいられないのでした(笑)

関連:入間デビューの話はこちら★

管理人日誌 ブルーインパルス 入間基地航空祭

 

当時は長野県の真ん中の方に住んでまして、岐阜基地のある各務ヶ原まではまぁ日帰りでもいける距離です。まだ暗いうちから出発し、基地周辺の駐車場や交通状況もあまり期待できないと思って、何駅か離れた駅の周辺へ車を止めて、電車で向かいました☆

ちなみに各務原市のふるさと納税には、自衛隊グッズがいっぱい有ります☆
ぜひチェックしてみて下さい☆

 

電車は意外と空いていて、作戦成功と思いきや、駅からが遠い、本当に遠い。
かなりくたびれて、ようやく入場待ちの列へ並ぶことが出来ました☆

 

やっとの思いで入場すると、思いのほかゆったりしている気がします。
何というか人は多いけれど、そこまで多くない感じ。
それもそのはず、後で調べると、入間の入場者数は約30万人、岐阜の入場者数は約15万人、およそ半分ですから、すっきりしているわけです☆
さすが首都圏、動員数がエグイですね。
観客動員数が半分ですが、見どころが少ないのかというと全くそういうことは有りません!!
岐阜には岐阜の魅力がこれでもかと詰まっています☆
この岐阜基地に配置されている部隊の中でかなり特殊なのが、航空開発実験団
と呼ばれる部隊です。
航空開発実験団とは、自衛隊が導入した航空機やミサイルなどの装備品の試験や評価をしたり、テストパイロットの養成をしたりする部隊です。
ということで、この実験団が保有する機体が凄いんですねー、試作機・導入一号機などの機体がわんさか、しかも通常の塗装とは違う特別仕様機が多いんです。
いやいやマジかっこいい!!

試作機!

 

 

 

 

 

 

 

妻の好きなC−1という機体の初号機も配備されています。
しかもシルバー仕様というなかなか渋い機体です。
さらにはF−2という機体も数機配備されています。
そのうちの一機は上の様なカラーリングとなっています。
いや、カッコいい!!

 

さて、色々な特別カラーの機体等も登場しますが、やはりメインイベントはブルーインパルスでしょう☆
この日は天気もよく、最高のコンディションです。
ちなみにまだこの時期はフィルムで撮ってたので、スキャンしたデータなので若干画像は荒いです。

それにしてもやはり青空に白いスモークは絵になります!!

超絶カッコいい!!

 

 

 

 

 

 

今回は順調に演目が進みまして、無事に最後まで見る事が出来ました☆

絵になる!!

 

 

 

 

 

 

うん、遠くまで見にきたかいがあった!!
感無量でしたね。
天気も終止良く、ゆったりとした中で見る事が出来ました。
ちなみに航空際の楽しみは飛行展示だけでは有りません。
格納庫などでは機体の展示や、音楽隊の演奏等、色々な催しが開催されています。
今回は、スマートな機体F−2の格納庫を観に行きました。
青い機体なのですが、まぁ渋くてカッコいい!!
Tー4練習機とは違った厳つさも兼ね備えています。

渋い!!

 

 

 

 

 

 

色々な機体や、ここでしか見られない機体、さらには岐阜名物の異機種大編隊という飛行展示も圧巻です。
写真では迫力が伝わらないので、ぜひ岐阜名物の飛行展示、観に行ってみてはいかがでしょうか☆

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)