野鳥豆知識  生物の分類について

霊長類最強だとか人類史上初だとかいう言い回しをする事が有ります☆
今も図鑑などのタイトルに鳥類図鑑だとか哺乳類図鑑・魚介類図鑑というように、「類」という言葉が使われている事が有ります。
このサイトでも例に埋もれず使っています☆
しかし、現代の分類学では、類という分類階級は有りません。
同じ仲間を括るという意味で、間違いと言う訳ではないのですが、折角なのでちょっと詳しくみていきましょう☆
今回は、この分類学、生物の分類の付いて簡単にまとめてみたいと思います☆

スポンサーリンク

分類学とは?

生物を分類する事を目的とした生物学の一分野です。
生物をそれぞれの種・特徴によって分類し体形系的にまとめる学問で、この世に存在する、または存在した全ての生物を対象としています。
また、この分類をしていくことで、進化の過程を示す系統樹・進化の過程が見えてくるため、生物の進化を理解するうえでも重要な役割を持つ分野でもあります。

現在の生物の分類

現在判明している生物の種は1000万種にも及びます。
それぞれの種には一般的に呼ばれる名前とは別に学名という名前が付けられています。
例えば人間は、

和名:ヒト
英名:human(ヒューマン)
学名:Homo.sapiens(ホモ・サピエンス)
という名前・学名が与えられています。

この学名は(属名+種名)というのが基本形です。
ヒト属(Homo)の中のサピエンスという種が我々人間です。
この属や種が生物の分類階級と呼ばれており、何段にも渡る階層によって形成されています。
現在この階級は、界・門・綱・目・科・属・種の7階級、
もしくは界の上にドメインという階級を加えた8階級で分類されています。

例えば人間では、
真核生物ドメイン動物界脊索動物門哺乳綱サル目ヒト科ヒト属サピエンス種
という分類となります。

 

もっと細かく?

さて、亜種という分類、このサイトの記事や他の図鑑等でもよく目にする事が有ると思います。
この亜というものも分類学で使い方が決まっています。
亜○○とは、その分類階級より下位の分類に使います。
他にも下○○、小○○という接頭語を使うことも有ります。
逆に、その分類階級より上位での分類には、大○○、上○○という接頭語を付けます。
主に門という階級より下で使われます。
また、もっと細かく分けるとき、亜科と属の間に族(動物)、連(植物)を使い、亜属と種の間をさらに分ける場合は、節というものを使います。

階級順に並べると、

門―亜門―綱―亜綱―目―亜目―上科―科―亜科――族(連)―属―亜属―節―種―亜種

というような並びとなります。

亜種オオアカハラ?

 

 

 

 

 

 

随分細かくなりましたが、規則的なルールに基づいているので、複雑では有りません。
これを見てわかるように、亜種というのは、分類上は一番小さな階級分けで、ほんの小さな違いしかないということが分かります。
実際の鳥でも、亜種というのは、例えば離島に住んでいてその島の個体独自のわずかな違いが有るとか、他のものより大きいとか小さいとか、下手すれば見た目ではほとんどわからないものも有ります。

この分類階級を見ればなんとなく納得ですよね☆

 

 

野鳥の分類

さて、このサイトは野鳥を取り扱っているので、野鳥に関してもう少し掘り下げてみましょう。
鳥が他の動物と分かれるのはどの階級からでしょうか?
界でしょうか?それとも目でしょうか?
実は、綱という階級で、他の動物たちと分かれます。
この綱という階級、他には、両生綱・爬虫綱・哺乳綱などが有ります。
よく使う○○類という分類はこの綱と同等のレベルとして使われています。
鳥類・哺乳類・両生類・爬虫類と置き換えてみると分かりやすいですね。
鳥綱のすべての分類を書くのは大変なので、良く図鑑に載っている目という分類階級までをまとめてみます。

 

 

 

 

 

 

この分類表を見るだけで、いろいろなことが分かります。
例えば、ダチョウの仲間は、他のものが小綱で分岐していくより一つ上の階級の下綱で、すでに他のものとは分岐しています。

より早い段階から違う進化をして来たということで、他の鳥とは遠い関係・違う特徴が多いということになります。
逆に、スズメとツルは大きさや形は全然違うけど意外と近い関係にある事、キツツキはさすがに変わった行動をとるだけあって早い段階で分岐し独自の進化をしている事など、
この分類表、系統樹を見ると、いろいろなものが見えてきます。

スポンサーリンク

さいごに

先ほどの表では鳥綱の綱から目までの少しだけを掻い摘んで書き出しましたが、先述した通り、生物は約1000万種という途方もない数の種がいます。
それぞれが、いま生きている環境に適応するために独自の進化を遂げてきました。中には環境の変化に対応できずに絶滅してしまった種も有りますが、逆に多くの困難を乗り越え種を繋いできた者たちもいます。

 

そんな壮大な生き物の進化の歴史がこの分類学によって、系統樹として書き表すことが出来るようになります。
系統図を見ることで、どこで分岐しどのような進化を遂げてきたのかがなんとなくでも見えるようになってきます。
分類とは広大な系統樹という地図上で、自分がどの位置にいるかを示すために与えられた住所のようなものであり、またその種が今までどのように進化としてきたかを見ることが出来る道しるべのようなものです。
出来る事なら、人間のせいで道しるべを切らせてしまう種がこれ以上出ないようにして行きたいですね。

 

関連:絶滅種を出さないために!!

野鳥豆知識 絶滅危惧種ってなんだ??

野鳥豆知識 水鳥を守ろう! ラムサール条約

野鳥豆知識 渡り鳥条約・協定

 

図鑑では見慣れた分類や学名ですが、少し深読みしてみるといろいろな発見が有って、野鳥観察に関しても少し違う視点で見ることが出来てまた新しい楽しみ方が出来るかもしれませんね☆

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)