野鳥図鑑 森に棲むセキレイ 木に留まるヒバリ ビンズイ

セキレイは基本的には水辺が好きで、河原や公園の家、渓流沿いなどに棲みついている鳥です。
そんな中、森林が大好きなセキレイの仲間がいます。 今回はそんな海より山派なセキレイの仲間ビンズイを紹介します☆

スポンサーリンク

まずは体の特徴です。 大きさは約15cmでスズメと同じが気持ち大きい程度です。
色は、頭から背中にかけて緑っぽい褐色、お腹側は白色で、胸から脇に、暗い褐色の斑紋があるのが特徴です。
他のセキレイの仲間に比べて尾はそれほど長くはありません。

黒い模様が目立つ☆

 

 

 

 

 


関連:
セキレイの仲間達はこちらへ☆

野鳥図鑑 駐車場の警備さん!? ハクセキレイ

野鳥図鑑 綺麗な黄色 キセキレイ

野鳥図鑑 白い眉が可愛い セグロセキレイ

 

次に生態ですが、日本では漂鳥、一部北海道などでは夏鳥として見られます。四国より北側の低山から亜高山帯の林や林縁、草原に住んでいて、冬は暖かい平地などに降りてきます。
降りてきた際は針葉樹林、特に松林を好んで棲みつく傾向があり、都市部でも松林が有る公園などでは、普通に芝生の上を歩いでいたりします。

秋冬は芝生にいるよ☆

 

 

 

 

 

 

地面を歩く姿は、足を一歩ずつ出して歩き、尻尾を上下に振るというセキレイ特有の可愛い仕草も見ることが出来ます。
一瞬、見た感じスズメか、と見過ごしてしまいそうになりますが、スズメより色が薄くい色味を帯びているので、よくよく観察すれば見分けは付きます☆

尻尾ふりふり♪

 

 

 

 

 

 

また囀りが非常に大きく派手でよく通ることから、木に留まるヒバリ、キヒバリ(木雲雀)という引用を持っています☆
実際に囀っているところにはまだであったことがないのですが、この前評判は、いつか聞けるのが非常に楽しみになります。

さて、このビンズイという鳥の名前、どういう意味だろう?気になりますよね☆ 漢字で書くと、便追と書きます。うーん、何か意味ありげな文字の並びですよね!!

何かを追うように移動するのでしょうか?

答えは、はい、関係無いし意味もありませんでしたー!!

「呼んだ?」

 

 

 

 

 

 

実は、ヒバリのような囀りの中に、ズィズィ、ツィツィ、と聞こえる部分があり、ここからビンズイになったという説が有力だそうです。
ヒネリなしで鳴き声の聞きなしから名前になったパターンのようです。

だったらキヒバリのがカッコイイ!
分類上ヒバリがまずければ、キセキレイ・・・

あ、ダメなのか(苦)

 

名前の由来はともかく、秋ごろからは身近な公園でも見るチャンスが十分ある鳥です。
ぜひ、松林の有る公園、チェックしてみてください☆
トコトコと歩く可愛い姿が見られるはずです☆
夏は、高原で木に留まってヒバリのように囀る姿が見れるかもしれません☆

夏に見たのは福島の浄土平というところで1度だけなのですが、その時は草原に中を歩いている姿で、囀りは聞けませんでした。

高原の草原にて☆

 

 

 

 

 

 

いずれリベンジして名前の由来となった鳴き声をぜひ聞いてやろうと思います☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)