野鳥図鑑 赤ちゃんでも見分けがつく?? アカゲラ

キツツキといえばこの姿を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
他にはない奇抜な色、特徴的な形、木を叩く音。
今回紹介する鳥は、アカゲラです☆

スポンサーリンク

まずは、体の特徴からです。
大きさは約24cm程でムクドリと同じくらいの大きさです。
体の色は背中側は黒く白い横縞模様が有り、肩のあたりにある一番上の横縞が逆向きの八の字に見えるのが特徴です。
お腹は白く、下腹部が赤い羽毛で覆われます。
また、雄の成長は後頭部が赤く、雌は黒いので、雄雌の見分けは容易ですが、幼鳥は雄雌共に赤いので注意が必要です。
この赤い頭が、和名のアカゲラの由来となっています。

図鑑では見た事あるけど・・・

 

 

 

 

 

 

次に生態ですが、日本では本州で留鳥として観察されます。
北海道には亜種のエゾアカゲラという種が棲み、こちらも留鳥として観察できます。
平地から亜高山帯までの落葉広葉樹林・針葉樹林・またはそれらの混合林などに幅広く生息しています。
都市部の公園などでも稀に見ることが出来ます。
キツツキの仲間に共通して言えることですが、枯れ木の幹などに嘴で穴をあけて巣を作り繁殖をします。
またこの巣作りをはじめ、エサを探す際などに気を嘴で叩く、ドラミングという行動をするのが特徴です。
ちなみにこのドラミング、1秒間に十数回~二十回も木を叩き、その衝撃は1000Gを超えるといわれるほど。
さすが木を叩くことに特化した進化を遂げていなければなせる業では有りませんね。

関連:日本で見られるキツツキの仲間はこちらです☆

野鳥図鑑 日本固有種 アオゲラ

野鳥図鑑 日本最小のキツツキ コゲラ

 

さて難しい話はここまでにして、コゲラ以来のキツツキシリーズです。
やっぱり普通の鳥とちょっと違って、見つけるとテンションが上がってしまいます。
特にアカゲラは、色合いも黒、白、赤と結構派手めなカラーで、カッコいいですよね!!

この黒・白・赤のカラーリングは、赤ちゃんのおもちゃにも取り入れられていて視認性が抜群です(笑)

ね?使ってる色は一緒でしょ☆

話がそれましたので、戻しましょう。

どうしてもちょっと珍しい感じがして余り縁がないように思いがちです。 実際、私も図鑑で見た事があるだけで、本物には簡単には会えないんだろうと思っていました。
でも、安心して下さい、結構な確率で都市部の公園や林にいますよ☆
ちょっと自分でもびっくりするくらい会えました☆

近所の公園です!

 

 

 

 

 

 

普段あまり気にせずにいるだけで、やっぱり近くで生きてるんですよね♪
ちょっと、気にして眺めると居るかもしれませんよ☆
特に、冬の間の葉っぱが落ちて見渡しが良くなっている時期が見つけやすいですが、年中見られる留鳥です。

夏場にもちゃんといます★

 

 

 

 

 

 

大きさは24cm程度なので、ちょうどツグミシロハラくらいの大きさなので、結構目立つし、移動パターンも、木の幹や、枝を登って行き、登りきったら次の木の下の方に移動するという事を繰り返すので羽撃いているのを見かければ後を追うのは難しくはないです。

幹を上へ!上へ!!!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

しっかりドラミングもするので、コゲラとは迫力が違います。
ドラミングの音も姿を見つけるいいヒントですね♪

ちなみに頭の上が赤いのが雄で、黒いのが雌で、比較的見分けもしやすい鳥ですね☆

頭のテッペンが赤い 雄

 

 

 

 

 

 

頭が黒いと 雌

 

 

 

 

 

 

というように、思っている以上に意外と会えて観察もしやすいのですが、やっぱりこの姿を見るとテンションが上がってしまいます。
ぜひ、見つけてみて下さい、意外と近くにいますよ☆

 

あ!!そういえば実は、とても似ている鳥で、オオアカゲラという種がいます。
もしかしたら今見つけたアカゲラはオオアカゲラかも!!
ドラミングの音が半端じゃないので、要注意です☆

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)